コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

仮組です! Dr-40仕様 4.5畳特 ハイロングです。

今日は 昼から雨が降ってきて 今日から近畿地方は 梅雨入りだそうです。
雨は あまり 好きではありませんが、田圃や 畑には 恵の雨で 大変重要です。

また 雨が降ると この季節の紫陽花が きれいに咲くので 見に行くのが楽しみです。
今年も 京都福知山市の観音寺に見に行きたいと思っています。

2年前 奥さんと 母とで 見に行った時はきれいやったです。
(無料ではありませんが)

日本は 四季があるので 大変 よい国だと思います。
そこに 住んでいる私たちも 情緒豊かな 人間にならないとと思います。

さて 今日の仮組ですが 
DR-40  4.5畳特 ハイロング仕様です。 なんせ 重いですが みんな応援が来てくれて
助かりました。

Y-TEI KARIGUMIY-TEI SK


写真では あまり 大きさの感じがわかりにくいですが 外寸が3380mm×2325mm
です。

結構 大きく感じました。
今回 注文を頂いたお客様は 以前にも 注文を頂いており 気に入ってくれているから
注文していただいたのだと思います。

ありがたいことです。

今回も防音室のドアの位置は お客様の既設の部屋に合わせて 位置を変更したり、ドアサイズを
変更したり しています。

やっぱり 今のマンションやアパートに合わせて 防音室を作れば 大きなサイズのものが
できます。大きいとあんなことしたり、こんなことしたり いろいろできます。

防音室が 欲しいなと思ったら 新日本ミュージックさんに相談してください。
どんなふうに 音を出すとか、どんな部屋にすんでいるとか、部屋では梁(天井から ちょっと下に
下がっているところ)とかがあるとか ちょっと無理っぽいとか 考えないで
ほしいと思った時が 買い時です。
悩んでないで 相談してください。
また見積だけでも OKですので相談してください。

では またね!!

スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

使っています!

大学の研究室で、新日本ミュージックさんから0.5畳タイプを購入して使っています。
私と学生さんと2人で組み立てました。いろいろと楽しみながら組み立てたので、研究室への搬入から完成まで約2日でした。とても分かりやすい組み立て説明書があるので、作業自体は楽でした。壁面パネルもそれぞれ大人2人で持てる重さに工夫されていますので、搬入も自分たちでやりました。
中小企業総合展を見に行ったら、どこかで見たことのある防音室が出品されていて、もしやと思ったら、そこに新日本ミュージックの社長さんもおられました。
この防音室、研究室で音響関係のデータ収集にとても活躍してくれています。ありがとうございます。
他のメーカーの防音室に比べて安価なのも魅力です。
窓の高さやとびらの開口位置・方向、コンセントの位置など、かなり細かく注文を聞いていただけるので、設置場所にベストフィットします。
この防音室の中でBoseのスピーカーで大きな音を出してそれを自作のマイクで録音する実験をしていますが、中で実験を行っているのが分からないほど防音性能がしっかりしています。
防音室内壁面に、同梱されていたグラスウールパネルを貼っていますが、これがまた優れものです。
防音性能をより高めようと、事前にネットで探して似たような防音パネルをいくつか買っておいてそれを追加で貼ってみたのですが、同梱されていたグラスウールパネルのほうが圧倒的に吸音性能が高いものでした。
この商品特有の問題というわけではありませんが、防音室の宿命として、室内が暑くなるという問題があります。私の場合0.5畳なので特に室温が上がりやすいのかも知れません。室内でノートパソコンやオーディオアンプなどを使うとかなり暑くなります。同梱されている天井の蛍光灯も発熱します。
それで電動ファンがこの防音室には装備されているのですが、これが優れもので、空気を室外と室内で入れ替えてくれます。これで室内温度の上昇を抑えることができます。そしてファンを回しても、なぜか音は外に漏らしません。
防音室の外側と内側の壁面はそれぞれ木ネジが効きますので、使わないケーブルをかけておくフックをつけたり液晶モニタを壁掛けにしたりと、改造も可能です(あまり深い木ネジは、壁の中の防音層を貫通して防音性を下げてしまうので注意が必要です)。

以上、3年ほど使用してみた率直な感想です。
最初はネットの情報を頼りに防音室を自作してみようかとも思いましたが、そんなことをせずこの製品を買って良かったと思います。

このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

おさむ とん

Author:おさむ とん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。