FC2ブログ
コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
コンテントヘッダー

出荷前のパネル

毎日 寒い日が続きますね。もうすぐ ここらへんでは 柏原の厄神さんで 親しまれている
厄神大祭があり それが 終わって もう一度 雪が降ると それから春になります。

早く 春になって暖かく なってほしいです。

で、今日は 出荷前に梱包をしていますが そのパネルの写真をパチリととりました。

m-p soto

これは 窓付パネルを 外側から撮影しています。
外側は 化粧パネル仕上げです。

化粧パネルは いろいろな色や柄があるので 好きな色が選べます。
今回の窓は お客様の御希望で この大きさになっています。

m-p utigawa

また 内側からの写真です。
内側は クロス貼仕上げです。このクロスは スーパークロスというものを 使用しており
嫌な臭いとかを とってくれる 優れものです。

聞くところのよると 以前たこ焼き屋さんだった部屋をリフォームしたが すごい臭いがついていたので
このクロスを貼ったら消えたとか・・

すごいですね。私は 犬(名前はココ)を家の中で飼っており、その臭いが あるので リフォームする
時は これを使いたいです。

このパネルを 清掃して プチプチで梱包して 出荷です!!!
注文いただきました製品は すべて このように仕上げ・清掃・梱包して出荷します。

今回の窓のように 防音室を作ったら 中で何をしているか 気になる!とかあるので
窓も いろいろつけられますので 防音室がほしいなと思ったら

新日本ミュージックさんに相談してください。

全国どこでも 親切に対応してくれます。また見積だけでも OKですので
相談してください。

では、また!!
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー

大きなドアの検査です

前回 大きな防音室の仮組をアップしていましたが 
それに使用されるドアの検査です。

この防音室は 個人宅ではなく 会社で使われるようで 中で 音の検査を
されるそうです。

また大きな試験体をいれたりされるので 通常のドアより 大きなサイズが必要と
いうことで 写真のような ハンドルが2つにしています。

door KENSA M-TEI

それにしても幅が大きくなると 重量もあるので 大変です。

ここのように お客様のご要望があれば 可能な限り 考えて対応します。

お客様の 使用方法、設置場所等に 合わせて 図面を書いて作ります。
静かな場所がほしいとか、勉強に集中できる部屋がほしいとか、もちろんピアノやギターを
演奏する部屋がほしいとか 思ったら 新日本ミュージックさんに相談してください。

全国どこでも 親切に対応してくれます。また見積だけでも OKですので
相談してください。

では、また!!
このページのトップへ
コンテントヘッダー

大きな 防音室の仮組です。

今日は 2月中旬に出荷する防音室の仮組です。

話しは そっとそれますが、みなさんのところでは雪はどうでしたか?
テレビやニュースを見ていると 雪がたくさん降って 大変なところがあるようですが

私の住んでいるところは 思ったりより少なくて よかったです。

話しを戻して 今回のお客様は 高さが 特注で またドアも特注です。
会社で使われます。

では その写真とイメージをアップします。
2012-0207 M邸
 


2012-0207 MTEI sketch

部屋の大きさは 約6畳です。 これから 外側面、内側面の仕上げを行い
出荷します。

当社では 大きさも 小さいものから 大きなものまで 出来ます。
高さも お客様の ご要望に応えられるように 検討します。

お客様の 使用方法、設置場所等に 合わせて 図面を書いて作ります。
静かな場所がほしいとか、勉強に集中できる部屋がほしいとか、もちろんピアノやギターを
演奏する部屋がほしいとか 思ったら 新日本ミュージックさんに相談してください。

全国どこでも 親切に対応してくれます。また見積だけでも OKですので
相談してください。

では、また!!

このページのトップへ
コンテントヘッダー

防音室 ドア 検査です。

日本中 大変な状態で 雪が降って寒いです。
私のところも 先ほど(2月2日13:00頃)から どどーっと降り始めました。

今晩は 積もるかも・・・・
家の車庫の 雪下ろしもしないと つぶれるかも・・・・

早く 春になってくれればと思っています。

では 前回アップした仮組では 仕上げをして 出荷時のことは 
今まで 何も書いていなかったなと思い、今日 その防音室のドアの検査・梱包を
しましたので 検査のことを書きます。

ドアは ゴムパッキンを使っています。また防音室のドアは 木製ですので
ドアが反ったりする恐れがあり その加減で ドアの隙間があいて 

そこから音が漏れる可能性があります。
そこで 当社では 実際にドアを組み立てて 検査を行います。

door check

このように 取りつけて ゴムパッキンとドアとの隙間があいていないかを
チェックしています。

すべてチェックを行い 問題がないことを確認してから 梱包します。

防音室を作り始めたころは 隙間があいていることもありました。
原因は 木材がそったりしていることが 多かったです。
そんな時は パッキンを工夫して 隙間を塞いでいました。

最近は 使用する木材を変更したので 反りが少なく 漏れることはありませんが 
今後も 出荷時には 検査を行ってから 出荷します。
ひとつでも 悪い製品を出荷したくないからです。

今後も いい製品を作り続けます!!

お客様の 使用方法、設置場所等に 合わせて 図面を書いて作ります。
静かな場所がほしいとか、勉強に集中できる部屋がほしいとか、もちろんピアノやギターを
演奏する部屋がほしいとか 思ったら 新日本ミュージックさんに相談してください。

全国どこでも 親切に対応してくれます。また見積だけでも OKですので
相談してください。

では、また!!!


このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

おさむ とん

Author:おさむ とん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。